最終日、阪急上新庄駅南口からスタートしました。
これまで育まれてきた立憲民主党・ながお秀樹への期待を必ず国政へと活かします。
モリカケ問題によって、国民を軽視している政権の姿勢が白日の下に晒されました。
解釈改憲による安保法制によって、憲法を無視している政権の意向が明確になりました。


「権力はかならず腐敗する」という言葉は著名な経済学者のマックスウェーバーのものです。
政権が変わってたった5年で安倍一強政権は驕り高ぶってしまい、傲慢な政治を続けています。
こういった政治は絶対に許されてはいけません。

みなさまが期待をこめて育ててきていただいた立憲民主党は、
すべての国民に寄り添い、多様性を尊重し、一人ひとりが輝ける社会を築き上げます。

お訴えができるのは今日で最後です。
どうか必ず投票にいってください。